ソチ五輪スノーボード:出場の平野選手「力出し切る」 村上市役所を表敬 /新潟

毎日新聞 2014年01月31日 地方版

村上市の大滝平正市長と握手を交わして活躍を誓う平野歩夢選手(左から2人目)
村上市の大滝平正市長と握手を交わして活躍を誓う平野歩夢選手(左から2人目)

 ソチ冬季五輪スノーボード・ハーフパイプ男子に、スキー競技で史上最年少の代表として出場する村上市立村上第一中3年、平野歩夢選手(15)=バートン=が30日、同市役所に大滝平正市長を表敬訪問し、「自分が今持っている力を出し切って、日本に金メダルを持ってきたい」と活躍を誓った。

 大滝市長は「市始まって以来のオリンピック選手として期待している。今までの力を出し切れば、必ず良い結果が出る。全員で応援している」と激励。同席した地元の村上牛生産協議会やJA岩船米生産対策協議会などの関係者からは、サーロインステーキ用の村上牛1キロや米60キロなどがプレゼントされた。平野選手は「いっぱい食べて頑張ります」と笑顔で応じた。大滝市長が、練習中に捻挫したという足首について気遣うと、「順調に回復しています」と答えた。

 平野選手はこの後、練習場として使用している「横根スキー場」のある山形県小国町の町役場に、盛田信明町長を表敬訪問した。

 平野選手は来月4日にソチへ向けて出発する。【山本愛】

最新写真特集