五輪ジャンプ:日本は銅メダル 男子団体ラージヒル

2014年02月18日

1枚目/17枚中

銅メダルを獲得し、フラワーセレモニーで喜ぶ(右から)葛西紀明、伊東大貴、竹内択、清水礼留飛=ロシア・ソチのルスキエゴルキ・センターで2014年2月17日、木葉健二撮影

 【ソチ江連能弘】ソチ五輪第11日の17日、ノルディックスキー・ジャンプの男子団体ラージヒル(HS140メートル、K点125メートル)が行われ、日本は1024.9点で銅メダルを獲得した。1988年カルガリー五輪で採用されたこの種目で日本は、葛西紀明がメンバーだった94年リレハンメル五輪の銀、原田雅彦、船木和喜らを擁した98年長野五輪の金以来、4大会ぶり3度目のメダル獲得になった。優勝は1041.4点のドイツ、2位は1039.4点のオーストリアだった。

 団体は1チーム4人が各2回飛躍を行い、その合計がチーム得点になる。日本は、今大会個人ラージヒルで銀メダルの葛西(土屋ホーム)のほか伊東大貴(雪印メグミルク)、清水礼留飛(同)、竹内択(北野建設)の4選手が出場した。1本目で葛西が134メートル、清水が132.5メートルを飛ぶなど3位につけ、上位8チームによる2本目でも着実に加点した。

 ◇日本の五輪ジャンプ団体の記録

1988年 カルガリー   11位

1992年 アルベールビル 4位

1994年 リレハンメル   銀

1998年 長   野    金

2002年 ソルトレークシティ  5位

2006年 ト リ ノ   6位

2010年 バンクーバー  5位

2014年 ソ   チ    銅

最新写真特集